8月6日の講座

 ◎講義  お酒の上手い飲み方と お摘みの工夫

お話と実技

 

そーめんオムレツ など2品、豊泉マスターが材料用意します。飲み物は缶ビール  ワイン 日本酒

 豊泉由樹緒(とよいずみゆきお)  1958年10月28日生まれ 

 

吉祥寺のハモニカ横丁 内暖簾の酒処「里」の店主 と

 

60年継続している「劇団東演」の役者。二足の草鞋を履いています。 

  先代店主が始めた「里」という店の手伝いを12年間務め

先代亡き後、一人で店を切り盛りするようになりました。

28年間、店をやっています。今年で合わせて40年間「里」と関わっています。

                    

古き良き昭和の時代の店であり、内暖簾(のれん)という店構えで、見た感じ営業しているのが分らないため、長年気が付かなかったという方もいました。お客様が客様を呼び、いい雰囲気を店側とお客様皆さんで作り上げてきました。接客は、ごく自然体で、偉い人でも社長でもカウンターに座ったら皆同じという感覚でやっています。

料理で、他の店にないのは、ジャガ芋の生地のピザとか、カレーうどんではなく、豆腐が入ったカレー豆腐。ソーメンのオムレツです。

 

※ 劇団「東演(とうえん)」の立ち上げは1959年、安保闘争の前年です。今年は劇団創立60周年記念公演の第1弾として、三軒茶屋のシアタートラムで、ロシア人の演出家 V・ベリャーコーヴィッチの演出により、マクベスを上演

発足した時は、「東京演劇ゼミナール」という同人組織で、後に略して「東演」となりました。

  

心掛けていることは、いつもクリアーに、体は自然体でいること。

                                                                                                                                                                                                                            前ページに戻る