2019年9月3日の講座

ボサノヴァを楽しむ

講師 西澤沙苗さん(ボサノヴァ ギター弾き語り)

 5月16日生まれ 現在40代東京都生まれ。

大学のラテン音楽系サークルに入部してギターを始める。様々な中南米音楽の魅力を知り、ボサノヴァに傾倒。ボサノヴァギター弾き語りを始める。以降、ブラジル料理店、ライブハウス、イベントなどに出演。

ブラジルの国民的歌手エリス・へジーナのバンドベーシスト、サンバベースのパイオニア、ルイザゥン・マイアのバンドに誘われ、氏のバンドで目黒ブルースアレイなどに出演。四谷の老舗ブラジル料理店、イパネマにて数年間レギュラー出演。

透明感溢れる爽やかな歌声と、確かなガットギターに定評がある。

 

吉祥寺周辺での出演場所:

・第3水曜日に御殿山の「武蔵野倶楽部」                   

 第1金曜日に西荻窪のブラジルレストラン「アパレシーダ」など

 

吉祥寺・産経学園にて月2回ボサノヴァ弾き語りを指導、また個人レッスンも受け付けている。

 

2009CDファーストアルバム虹色の音 

2016CDセカンドアルバムボッサ・サウダージリリース。

ギタリスト加藤崇之さんとのデュオ。

 

  当日講義は、メイン西澤沙苗ボサノヴァギター弾き語り  ボサノヴァの話

 

小林一夫とのデュオアンサンブル2曲。

                                              前ページに戻る